分割払いとローンの違いってあるんでしょうか、名前だけですか?

分割払いとローンの違いってあるんでしょうか、名前だけですか?

クレジットカードで商品を買ったりするときの「分割払い」ってありますよね。あれって、商品なんかの代金を何回かに分けて支払う方法じゃないですか。それと、ローンって何か違いってあるんでしょうか?どっちも手数料がかかりますし、複数回にわけて支払うってカンジですけど一緒のような印象しかありません。もし、明確に何か違いがあるなら知りたいです。どっちがいいとかあるんでしょうか?

分割払いは回数で、ローンは金額でも回数でも設定できます

分割払いとローンには明確な違いがあります。まず、分割払いというのは「回数が既に決まっている」点が大きいですね。3回払い、5回払い、7回払い、11回払い…など、既にある分割払いのリストから自分が選ぶ形になる、といったところでしょうか。金額がいくらであってもその回数によって変わるといいますか、10万円の品物であっても、2万円の品物であっても、5回払いと指定したら前者は2万円、後者は4000円+手数料を支払う形になります。あくまで、商品などの代金を何回に分けて支払うか、という点に着目した支払い方法と言えるかもしれません。

対して、ローンの方は自分で毎月支払う金額から回数を設定することも出来ますし、分割払いと同じように回数からその月に支払う金額を設定することも出来ます。カードローン等の場合、基本的には毎月一定金額を支払うシステムになっていますので、毎月の返済額から回数を割り出すという形になっていますね。10万円お金を借りたとして、毎月5000円返済していく場合は24ヶ月程度で完済という形になりますし、毎月1万円返済していく形であれば11ヶ月で完済になるでしょう。毎月の返済額に着目し、回数はそれによって変動します。

どちらがいいというものはなく、あくまで支払手段、方法のひとつです。どちらが得になる、損になるということはありません。極端な話ですが、どちらも分割で返済する、支払うことにはかわりがありませんので手数料(利息)がかかってしまいます。それがいやなのであれば、クレジットカードの場合は一括払いもしくは2回払いを利用するのが一番ですし、カードローンなどの場合も翌月一括返済など、すこしでも手数料を減らすような支払い方法を取るのが一番です。

知っておきたい借金の基礎知識~分割払いとローンの違い~

何かお買い物をするときに、「分割払いでもお支払いできます」と言われたことはありませんか。また、ローンを組んで購入できます、ということもあるでしょう。あなたは、分割払いとローンの違いがわかりますか?

分割払いというのは、売ってくれた方に、分割でお金を渡す支払い方です。これは、住宅などの非常に高額な商品には使えない方法です。主に、何かの教材を買ったり、少し高めの商品を購入したりする際に使われる販売方法で、商品を売る側が、代金を受け取るのが遅くなります。

ローンは、簡単に言ってしまえば融資です。要するに、「お金を貸す」ということです。ローンで商品を購入する場合、その商品の売り手は、最初に一括でお金を手にします。その代わり、お金を貸してくれた金融業者に対して、買い手が支払いを行っていくという形になるのです。

住宅の購入を例にすると、住宅を販売する側は、最初に大金を支払い、土地を買ったり、家を建ててもらったりする必要があるわけですから、分割払いで支払われては困ります。初期費用がかかりすぎて、下手すると倒産してしまうのです。ですから、ローン会社に依頼して、先にお金を立て替えてもらい、利益を上げてから工事に着手する形になるのです。

学習教材などの場合、お金を分割で支払ってもらっても、元々かかる費用は大きくないので、それが原因で倒産するということはありません。また、毎月送る形での教材であれば、支払いがストップしたら、教材を送るのをやめてしまう方法も取れるわけです。要するに、分割で支払いを受けることに対して、不安要素がないので、分割払いを受け付けられるのです。

分割払いができる商品というのは、高額な仕入れが必要ない商品になります。ですから、新車や住宅をこの方法で購入することはできないのです。一方、ローンは、審査に通るという条件の下に、どんな買い物でも可能にしてくれる方法です。クレジット会社のクイックペイのように、非常に少額の商品を買うことも、800万のカードローンや住宅ローンのように、逆に高額な商品を買うことも可能な方法なのです。