親子リレーローンのメリットとデメリットが知りたいです

親子リレーローンのメリットとデメリットが知りたいです

子供が小学校に上がることをきっかけに、自分の両親と二世帯住宅を新たに建築して一緒に住むことを考えています。その際の住宅ローンをどうすればいいか悩んでいるんです。私の収入だけで組むには少し厳しいところもあるかもしれないと思い、両親にも少し手伝ってもらおうと考えていて、ペアローンもしくは親子リレーローンのどちらかを選ぶ予定です。

親子ペアローンはある程度のイメージが湧きますしわかるのですが、親子リレーローンについてがいまいちわかりません。メリット及びデメリットも含めて知りたいです。

お互いの足りないところを補えるが、子の負担が大きくなることも

親子ペアローンはいわゆるローン金額を分割してそれぞれ支払っていく形なのに対し、親子リレーローンは親と子、二人でひとつのローンを組むようなスタイルと言っていいでしょう。まずは親が特定の期間返済し、子に引き継いでローンの残額を子が完済するという形になります。例えば親が定年になるまでは親が返済し、定年退職したら子が返済を開始する…といった具合です。

メリットとしては、子に当たる人が年収が少ない場合、希望した金額を融資してもらえないこともままあることです。しかし、親子リレーローンであれば親の年収と合わせることが出来ますのでより多くの金額の借り入れが可能になりますし、親にとってはローンをなかなか組めない年齢であっても子がいるので長い期間のローンを組むことが出来ますし、限度額が下がる可能性も低くなります。自分に足りない部分をお互いで補うことが出来る、これが親子リレーローンの最大のメリットと言えるでしょう。

デメリットとしては、子への負担がどれだけになるかわからないという点でしょう。もちろん予定通りに親の返済期間が終わり、子に引き継げるのが一番ですが、なかなかそうはいかない場合もあります。親が急に事故などで亡くなってしまう可能性もありますし、思うように収入がなく返済が厳しくなってしまう…なんてことも考えられないわけではありません。他にも、親子リレーローンを組んでしまうと、親の返済期間であっても子に当たる人は新たな住宅ローンを組むことは出来ません。これは、親子両方でローンを組んでいるとみなされているからです。リターンも大きいですが、リスクもそれなりにあるのが親子リレーローンと言えるでしょう。

親子ペアローンと比較してどちらがいいか、という話になると場合によるので一概には言えないところではあります。ただ、リスクを出来るだけ避けたいというのであれば親子ペアローンのほうが安心かもしれませんね。

住宅ローン親子リレーのメリット・デメリット!実際に始める前に

住宅ローンを組む方法の1つとして、親子リレーという方法があります。これは、2世帯住宅を買うという前提になりますが、少し年齢が高めの親と、若くて働き盛りの子どもとで、ローンをリレーして住宅を購入することができるという方法です。

メリットは、親の年齢を気にせず、住宅を購入できることです。通常、住宅ローンは40歳前後までに組むというのが一般的ですが、この方法であれば、50歳の親と25歳の子どもでローンを組むこともできます。親が70歳を越えている場合でも、住宅ローンを組める方法です。また、返済期間としては、通常の住宅ローンが最長30~35年であるのに対し、リレーローンでは、条件さえ満たせば、50年などの返済期間設定も可能です。

ただ、この方法での返済には、デメリットもあります。まず、共有部分のある2世帯住宅であり、申込者が、その住宅の取り分の半分以上を占めていなければなりません。連帯債務者となる子どものほうは、今後マイホームを建てたいとなっても、公庫などから融資が受けられなくなります。そして、もし申込者ではなく、連帯債務者(後継者)が半分以上を占めている場合には、贈与税がかかってしまいます。

住宅ローンを組む際に、団体信用保険に入っておくと、債務者が病気になってしまった場合や、不慮の事故などで亡くなった場合でも、支払いを肩代わりしてもらえるので、安心です。とはいえ、80歳で切れてしまうので、その点はご注意ください。

また、親子と言っても、やはり別の人ですから、よく話し合って、共有部分や名義、返済の負担額などを決めておく必要があります。トラブルになるようなら、このようなローンは組まないほうが良いでしょう。

親子リレー以外にも、家族ペア返済という方法もありますので、まだ迷いがある方は、チェックしておいてください。